どいらぼ

Doi Social and Affective Perception Lab

国士舘大学理工学部(工学研究科)
School of Science and Engineering (Graduate School of Engineering), Kokushikan University

当研究室では、顔・身振りなどの非言語的コミュニケーション情報の認知を中心に、人々のコミュニケーションを支える感覚情報処理のメカニズムを研究しています。
 心理物理実験・脳機能計測・内分泌計測・発達分析を含む、多様なアプローチを用いることで、ヒトコミュニケーションを媒介する感覚情報処理メカニズムの包括的解明を目指します。また、研究で得られた基礎知見の実社会応用にも取り組んでいます。

What's New

21/05/28  Doi & Shinohara (2019)がFrontiers in Behavioral Neuroscience誌のBehavioral Endocrinology Editor's Pick 2021 に選ばれました。詳細はこちら
21/04/12 Behavioral Sciences誌に論文が採択されました。詳細はこちら
21/04/01 新たに大学院生1名(博士前期課程)・学部生(B3)9名が研究室に配属されました。
21/04/01 Frontiers in Psychiatry誌に論文が採択されました。詳細はこちら
21/03/23 社会福祉マネジメント学会誌創刊号に総説論文(土居, 2021)が掲載されました。詳細はこちら
21/03/22 北大路書房から 『多職種連携を支える「発達障害」理解:ASD・
ADHDの今を知る旅 』が出版されました。詳細はこちら
21/03/10 令和2年度 学術研究奨励賞(国士舘大学)をいただきました。
21/03/09  HPをリニューアルしました。

21/03/09  土居がGuest Editorを務めるApplied Sciences誌Special Issueの投稿ページがオープンしました。詳細はこちら



研究室紹介

自己紹介

研究室代表者(土居)の紹介です。

研究業績

各年の研究成果をまとめてあります。

主な研究内容

現在進行中の研究プロジェクトなど、主要な研究内容をまとめてあります。

研究参加者募集中! ※現在は募集休止中です

大学院生募集

大学院生を募集しています。興味のある人は、お問い合わせページからメールを送って下さい。