2021

Created with Sketch.

○ 書籍

1. 土居裕和、金井智恵子 編 ”多職種連携を支える「発達障害」理解:ASD・ADHDの今を知る旅” 北大路書房 (担当:第9章 ICTによるASD・ADHD支援, コラム9
発達障害のニセ科学)

www.amazon.co.jp/dp/4762831506

○ 学術論文

1. 土居裕和 (2021). " 音楽認知の観点からみた自閉スペクトラム症における 非定型的音声言語情報処理 " 社会福祉マネジメント学会誌, Vol1(1), pp.  21-28.(査読有り国内学術誌)

2.  Doi, H, Tsumura, N, Kanai, C, Masui, K, Mitsuhasi, R, Nagasawa, T. (in pressAutomatic classification of adult males with and without autism spectrum disorder by non-contact measurement of autonomic nervous system activation Frontiers in Psychiatry   doi: 10.3389/fpsyt.2021.625978  

(査読有り国際学術誌)

3. Bonassi, A, Ghilardi, T, Gabrieli, G, Truzzi, A, Doi, H, Borelli, JL, Lepri, B, Shinohara, K, Esposito, G.  (in pressThe Recognition of Cross-Cultural Emotional Faces is affected by Intensity and Ethnicity in a Japanese Sample . Behavioral Sciences (査読有り国際学術誌)


○ 国内会議 

1. 土居裕和 “情動が時間知覚に与える影響”の発達過程とその個人差に関する神経生物学的研究 新学術領域研究「時間生成学 ―時を生み出すこころの仕組み」 2020年度 第2回領域会議 (2021年1月31日、オンライン開催)  (一般口演) 

2. 土居裕和 “オンライン型発達研究における遠隔整理データ計測" 日本赤ちゃん学会第21回学術集会 部会企画ラウンドテーブル「オンライン型縦断発達データベースの開発」 (2021年6月13日、オンライン開催)  (話題提供)


○ 紀要・研究報告書

1. 和田匡史, 兵頭洋樹, 地神裕史, 土居裕和, 山本憲志 (2021). 人工炭酸泉入浴が高強度運動後の身体回復を促進する可能性 国士舘大学理工学部紀要, 14, 159 - 164 

○ 社会貢献 

1.  こうべ動物共生センター セラピー研究フィールドアドバイザー(2021年6月1日~)

2020

Created with Sketch.

○ 書籍

1. Doi, H. (2020) The Origins of Language Revisited: Differentiation from Music and the Emergence of Neurodiversity and Autism Chapter 6: Social Scaffolding of Vocal and Language Development, p.115-137. (Springer Nature)

○ 学術論文

1. Doi, H., Kanai, C., Tsumura, N., Shinohara, K., Kato, N. (2020). Lack of implicit visual perspective taking in adult males with autism spectrum disorders. Research in  Developmental Disabilities, Vol 99, 103593(査読有り国際学術誌) https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0891422220300238

2. Asai T, Abe D, Doi H, Tanaka C, Ohishi K, Maeda H, Wada T, Takahashi Y, Nakahata Y, Shinohara K

Characteristics of the BDNF Val66Met polymorphism in competitive swimmers and judo athletes Acta medica Nagasakiensia 64(1) 23 - 29(査読有り国際学術誌)

3. Doi H. Digital phenotyping of autism spectrum disorders based on color information: brief review and opinion . Artificial Life and Robotics volume 25, pp. 329–334 (査読有り国際学術誌)

○ 国際会議

1. Masui, K., Nagasawa, T., Doi, H., Tsumura, N. Continuous Estimation of Emotional Change Using Multimodal Affective Responses. CVPR2020: International Workshop and Challenge on Computer Vision for Physiological Measurement (14/06/2020, Seattle, USA) (一般講演)

○ 国内会議

1. 土居 裕和, 飯島直也, 古居 彬, 曽 智, 入口 真夕子, 篠原 一之, 島谷 康司, 辻 敏夫 乳児期自発運動の特徴量と社会性発達の関連性. 電子情報通信学会技術研究報告(MVE研究会) (2020年3月5日、抄録のみ)
 

2. 土居裕和、津村徳道 カメラによる自律神経活動に基づく発達障害診断補助技術の開発 第6回デジタル生体医用画像の「色」シンポジウム (2020年2月21日、東京)(招待講演)

○ 社会貢献 

1.  長崎県統計人材育成 及び EBPMモデル研究事業における統計利活用研修 講師 株式会社出島リサーチ&コンサルツ(2020年9月3日、長崎県庁、オンライン開催)
 

2019

Created with Sketch.

○ 学術論文

1. Doi, H., Sulpizio, S., Esposito, G., Katou, M., Nishina, E., Iriguchi, M., Honda, M., Oohashi, T., Bornstein, M.H., Shinohara, K. (2019). Inaudible components of the human infant cry influence haemodynamic responses in the breast region of mothers.  The journal of physiological sciences : JPS, 69(6): 1085 - 1096.(査読有り国際学術誌)

2. Doi, H., Shinohara, K. (2019). Low Salivary Testosterone Level Is Associated With Efficient Attention Holding by Self Face in Women. Frontiers in Behavioral Neuroscience, 13: 261.(査読有り国際学術誌)

3. Senese, V.P., Azhari, A., Shinohara, K., Doi, H., Venuti, P., Bornstein, M.H., Esposito, G. (2019). Implicit associations to infant cry: Genetics and early care experiences influence caregiving propensities. Hormones and Behavior, 108:1-9.(査読有り国際学術誌)


○ 国際会議

1. Doi, H., Jigami, H., Tanaka, K., Akiba, S., Shinohara, K., Wada, M., Wada, T. Prefrontal activation during executive control is associated with FINA point in competitive swimmers-An event-related potentials study. 2019 ASICS SMA Conference (25/10/2019, TwinWaters, Australia) (ポスター発表)

○ 国内会議

1. 土居裕和, 津村徳道, 金井智恵子, 篠原一之, 加藤進昌 非接触型自律神経活動計測による自閉スペクトラム症者の情動評価 2019年電気学会 電子・情報・システム部門大会 (2019年9月4日、沖縄)(一般講演)

2. 土居裕和, 津村徳道, 金井智恵子, 篠原一之, 加藤進昌 非接触型情動計測による自閉スペクトラム症診断補助技術開発に向けての予備検討 電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE) (2019年8月29日、名古屋)(一般講演)
 

3. 土居裕和 “情動が時間知覚に与える影響”の発達過程とその個人差に関する神経生物学的研究 新学術領域研究「時間生成学 ―時を生み出すこころの仕組み」 2019年度 第1回領域会議 (2019年8月21日、大阪)  (一般講演)

○ 紀要・研究報告書

1.  樽見航, 土居裕和 (2019). 嗅覚を介した父子間相互作用が乳幼児の社会的絆形成に関する神経基盤に及ぼす影響 Human Developmental Research, 33, pp. 67 - 76 .

○ 社会貢献

1. 人の心を数値化する方法 自由ヶ丘学園高等学校 理科実験探求 講師 (2019年9月20日、国士舘大学)

2. Google Formを用いたアンケート調査の設計・ 実施 株式会社出島リサーチ&コンサルツ 長崎県統計データ利活用推進事業「データアナリスト候補職員への統計データ利活用研修」講師 (2019年7月23日、長崎県庁) 

学術論文(2018年以前)

Created with Sketch.

51. Kiriishi, K., Doi, H., Magata, N., Torisu, T., Tanaka, M., Ohkubo, M., Haneda, M., Okatomi, M., Shinohara, K., Ayuse, T. (2018). Occlusal force predicts global motion coherence threshold in adolescent boys. BMC Pediatrics, 18: 331.(査読有り国際学術誌)


50. 土居裕和, 染谷晋. (2018). 被服状態における伝統芸能のモーション・キャプチャ. 体育の科学, 68(10): 718 - 722. (査読無し解説論文)

49. Doi, H., Shinohara, K. (2018). 2nd to 4th digit ratio (2D:4D) but not salivary testosterone concentration is associated with the overall pattern of color preference in females.  Personality and Individual Differences, 135: 45 - 50. (査読有り国際学術誌)

48. Sulpizio, S., Doi, H., Bornstein, M.H., Cui, J., Esposito, G., Shinohara, K. (2018). fNIRS reveals enhanced brain activation to female (versus male) infant directed speech (relative to adult directed speech) in Young Human Infants. Infant Behavior and Development, 52: 89 - 96.(査読有り国際学術誌)

47. Doi, H., Fujisawa, T., Iwanaga, R., Matsuzaki, J., Kawasaki, C., Tochigi, M., Sasaki, T., Kato, M., Shinohara, K. (2018). Association between single nucleotide polymorphisms in Estrogen Receptor 1/2 genes and Symptomatic Severity of Autism Spectrum Disorder. Research in Developmental Disabilities, 82:20-26. (査読有り国際学術誌)

46. Doi, H., Basadonne, I., Venuti, P., Shinohara, K. (2018). Negative correlation between salivary testosterone concentration and preference for sophisticated music in males. Personality and Individual Differences,  125:106-111. (査読有り国際学術誌)

45. 土居裕和, 篠原一之 (2018). 恋愛・結婚の心理・神経生物学 映像情報メディア学会誌, 71(5): 630 - 633. (査読無し解説論文)

44. 土居裕和, 篠原一之 (2017). 注意の生理学的指標とその社会性認知研究への 応用 Clinical Neuroscience, 35: 971 - 975. (査読無し解説論文)

43. Abe, Y., Doi, H., Asai, T., Kimura, M., Wada, T., Takahashi, Y., Matsumoto, T., Shinohara, K. (2018). Association between COMT Val158Met polymorphism and competition results of competitive swimmers. Journal of Sports Sciences, 36 (4): 393-397.(査読有り国際学術誌)

42. Sulpizio, S., Kuroda, K., Dalsasso, D., Asakawa, T., Bornstein, M.H., Doi, H., Esposito, G., Shinohara, K. (2017). Discriminating between Mothers’ Infant- and Adult-Directed Speech: Cross-Linguistic Generalizability from Japanese to Italian and German. Neuroscience Research, 133:21-27. (査読有り国際学術誌)


41. Sawano, E.*, Doi, H.*, Nagai, T., Ikeda, S., Shinohara, K. (2017). Interactive effects of 5-HTTLPR genotype and rearing environment on affective attitude towards own infant in Japanese mothers. BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH 325: 173 - 180. *equally contributing 1st author.(査読有り国際学術誌)

40. Senese, V.P., Shinohara, K., Esposito, G., Doi, H., Venuti, P., Bornstein, M.H. (2017). Implicit association to infant faces: Genetics, early care experiences, and cultural factors influence caregiving propensities. Behavioural Brain Research, 325: 163 - 172.(査読有り国際学術誌)

39. Doi, H., Shinohara, K. (2017). fNIRS Studies on Hemispheric Asymmetry in Atypical Neural Function in Developmental Disorders. Frontiers in Human Neuroscience, 11: 137.(査読有り国際学術誌)


38. Doi, H., Morikawa, M., Inadomi, N., Aikawa, K., Uetani, M., Shinohara, K. (2017). Neural correlates of babyish adult face processing in men. Neuropsychologia,  97: 9 - 17.(査読有り国際学術誌)

37. 土居裕和, 篠原一之 (2016). GIDの遺伝的基盤 思春期学, 34(4): 383 - 387.  (査読無し解説論文)

36. Doi, H., Shinohara, K. (2016). Attention allocation towards own face is pronounced during middle adolescence-An Eye-Tracking study. Developmental Science, https://doi.org/10.1111/desc.12490.(査読有り国際学術誌)

35. Doi, H., Shinohara, K. (2016). Emotional faces influence numerosity estimation without awareness. Cognitive Processing, 17(4): 389 - 397.(査読有り国際学術誌)

34. Sawada, R., Doi, H., Masataka, N. (2016). Processing of self-related kinematic information embedded in static handwritten characters. Brain Research, 1642: 287 - 297.(査読有り国際学術誌)
 

33. Shinohara, K., Doi, H., Kumagai, C., Sawano, E., Tarumi, W. (2016). Effects of essential oil exposure on salivary estrogen concentration in perimenopausal women. Neuroendocrinology Letters, 37(8): 567 - 572.(査読有り国際学術誌)

32. Takamura, T., Nishitani, S., Suegami, T., Doi, H., Kakeyama, M., Shinohara, K. (2015). Developmental changes in the neural responses to own and unfamiliar mother’s smiling face throughout puberty  Frontiers in Neuroscience, 9: 200. (査読有り国際学術誌)

31. Doi, H., Shinohara, K. (2015). Unconscious Presentation of Fearful Face Modulates Electrophysiological Responses to Emotional Prosody. Cerebral Cortex, 25(3): 817 - 832. (査読有り国際学術誌)

30. Doi, H., Nishitani, S., Shinohara, K. (2015). Sex difference in the relationship between salivary testosterone and inter-temporal choice. Hormones and Behavior, 69: 50 - 58. (査読有り国際学術誌)

29. Doi, H., Nishitani, S., Shinohara, K. (2015). Association between catechol-O-methyltransferase Val(158)Met polymorphism and configural mode of face processing. Neuroscience Letters, 586: 19 - 23.(査読有り国際学術誌)

28. 土居裕和, 篠原一之 (2014). 注意の生理学的指標 精神科, 24(2): 147 - 153. (査読無し解説論文)

27. Doi, H., Nishitani, S., Shinohara, K. (2014). NIRS as a tool for assaying emotional function in the prefrontal cortex. Frontiers in Human Neuroscience, 7: 770.(査読有り国際学術誌)

26. Doi, H., Fujisawa, T.X., Kanai, C., Ohta, H., Yokoi, H., Iwanami, A., Kato, N., Shinohara, K. (2013). Recognition of Facial Expressions and Prosodic Cues with Graded Emotional Intensities in Adults with Asperger Syndrome. Journal of Autism and Developmental Disorders, 43(9): 2099 - 2113. (査読有り国際学術誌)

25. Doi, H., Nishitani, S., Fujisawa, T., Nagai, T., Kakeyama, M., Maeda, T., Shinohara, K. (2013). Prenatal Exposure to a Polychlorinated Biphenyl (PCB) Congener Influences Fixation Duration on Biological Motion at 4-Months-Old: A Preliminary Study PLos ONE, 8(3):e59196.(査読有り国際学術誌)


24. Doi, H., Shinohara, K. (2013). Task-irrelevant direct gaze facilitates visual search for deviant facial expression. Visual Cognition, 21(1): 72 - 98.(査読有り国際学術誌)

23. Kato, M., Doi, H., Shinohara, K. (2013). Effects of Nighttime Sleep Characteristics on Function of Attention Network in Young Children. 

Acta Medica Nagasakiensia, 57(3): 85 - 91.(査読有り国際学術誌)

22. Nakajima, H., Tsujino, A., Doi, H., Tateishi, Y., Motomura, M., Shinohara, K., Stoh, A., Tsujihata, M., Kawakami, A. (2013). An impairment of recognizing the emotional facial expressions in Parkinson’s disease. Acta Medica Nagasakiensia, 57(3): 69 - 77. (査読有り国際学術誌)

21. 土居裕和、篠原一之 (2012). 成人ASDの表情認知・音声認知 精神科, 21(6): 680 - 686. (査読無し解説論文)

20. Doi, H., Shinohara, K. (2012). Electrophysiological responses in mothers to their own and unfamiliar child's gaze information. Brain and Cognition, 80(2): 266 - 276.(査読有り国際学術誌)

19. Doi, H., Shinohara, K. (2012). Bodily movement of approach is detected faster than that of receding.  Psychonomic Bulletin & Review, 19(5): 858 - 863.(査読有り国際学術誌)

18. 土居裕和、篠原一之 (2012). 統合失調症における顔認知 脳と神経, 64(7): 815 - 820. (査読無し解説論文)

17. Doi, H., Shinohara, K. (2012). Event-related potentials elicited in mothers by their own and unfamiliar infants' faces with crying and smiling expression. Neuropsychologia, 50(7): 1297 - 1307.(査読有り国際学術誌)

16. Nishitani, S., Doi, H., Koyama, A., Shinohara, K. (2011). Differential prefrontal response to infant facial emotions in mothers compared with non-mothers. Neuroscience Research, 70(2): 183 - 188.(査読有り国際学術誌)

15. Doi, H., Kato, M., Nishitani, S., Shinohara, K. (2011). Development of synchrony between activity patterns of mother-infant pair from 4 to 18 months after birth. Journal of Physiological Sciences, 61(3): 211 - 216.(査読有り国際学術誌)

14. Takahashi, K., Fukuda, H., Ikeda, H., Doi, H., Watanabe, K., Ueda, K., Shinohara, K. (2011). Roles of the upper and lower bodies in direction discrimination of point-light walkers. Journal of Vision, 11(14): 1 - 13.(査読有り国際学術誌)

13. 加藤美香子, 土居裕和, 篠原一之 (2011). 子どもの認知・情動機能発達における睡眠の影響 日本生物学的精神医学会誌, 22(3): 171 - 175.(査読無し解説論文)

12. Doi, H., Amamoto, T., Okishige, Y., Kato, M., Shinohara, K. (2010). The own-sex effect in facial expression recognition. NeuroReport, 21(8): 564 - 568.(査読有り国際学術誌)

11. Doi, H., Tagawa, M., Shinohara, K. (2010). Gaze Direction Modulates the Disengagement of Attention From Facial Expression in 10-Month-Olds. Emotion, 10(2): 278 - 282.(査読有り国際学術誌)

10. Doi, H., Ueda, K., Shinohara, K. (2010). LEARNING GAZE DIRECTION PERCEPTION - AN INVESTIGATION BY BEHAVIORAL AND NEUROCOMPUTATIONAL APPROACHES. PSYCHOLOGIA, 52(4): 224 - 234. (査読有り国際学術誌)

9. Doi, H., Koga, T., Shinohara, K. (2009).18-Month-olds can perceive Mooney faces. Neuroscience Research, 64(3): 317 - 322.(査読有り国際学術誌)

8. Doi, H., Shinohara, K. (2009). The perceived duration of emotional face is influenced by the gaze direction. Neuroscience Letters, 457(2): 97 - 100.(査読有り国際学術誌)

7. Doi, H., Ueda, K., Shinohara, K. (2009). Neural correlates of the stare-in-the crowd effect. Neuropsychologia, 47(4): 1053 - 1060.(査読有り国際学術誌)

6. Doi, H., Ueda, K., Shinohara, K. (2009). Relational property between head and eye regions is the primary determinant of the efficiency in search for a deviant gaze. Quarterly Journal of Experimental Psychology, 62(9): 1723 - 1737.(査読有り国際学術誌)

5. Nishitani, S., Miyamura, T., Tagawa, M., Sumi, M., Takase, R., Doi, H., Moriuchi, H., Shinohara, K. (2009). The calming effect of a maternal breast milk odor on the human newborn infant. Neuroscience Research, 63(1): 66 - 71.(査読有り国際学術誌)

4. 澤田玲子, 土居裕和, 脇田真清, 正高信男 (2008). 知覚的特徴と認知的特徴の統合 認知科学, 15(2): 269 - 279.(査読無し国内学術誌)

3. Doi, H., Kato, A., Hashimoto, A., Masataka, N. (2008). Role of biological-motion information in recognition of facial expressions by young children. Perception, 37(9): 1399 - 1411. (査読有り国際学術誌)

2. Doi, H., Ueda, K. (2007). Searching for a perceived stare in the crowd 

Perception, 36(5): 773 - 780. (査読有り国際学術誌) 


1. Doi, H., Sawada, R., Masataka, N. (2007). The effects of eye and face inversion on the early stages of gaze direction perception - An ERP study. Brain Research, 1183: 83 - 90.(査読有り国際学術誌)

書籍等(2018年以前)

Created with Sketch.

国際・国内会議(2018年以前)

Created with Sketch.

○ 国際会議

11. Doi, H. Biological and Environmental Basis of Human Social Development: Bridging Basic Research and Clinical ApplicationSymposium for the preparation of an established Double Degree Program between Japanese and German Graduate School of Advanced Preventive Medicine (18/09/2018, Düsseldorf, Germany). (公開シンポジウム)


10. Doi, H., Tsumura, N., Shinohara, K. Temporal Course of Neural Processing during Skin Color Perception: An Event-related Potential Study  ACM International Conference on Multimedia Retrieval - ICMR 2018 INTERNATIONAL JOINT WORKSHOP ON MULTIMEDIA ARTWORKS ANALYSIS AND ATTRACTIVENESS COMPUTING IN MULTIMEDIA (11/06/2018, Yokohama, Japan) (一般講演)


9. Doi, H., Shinohara, K. Paradoxical relationship between salivary oxytocin concentration and aesthetic preference for drawings-A preliminary study The 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics (Fechner Day 2017) (24/10/2017, Fukuoka, Japan) (ポスター発表)


8. Doi, H., Fujisawa, T., Iwanaga, R., Matsuzaki, J., Kawasaki, C., Tochigi, M., Sasaki, T., Kato, M., Shinohara, K. Association between single nucleotide polymorphisms in estrogen receptor genes and severity of autism spectrum disorder. International Autism Conference Tokyo (15/10/2017, Tokyo, Japan)(ポスター発表)


7. Kobayashi, T., Arai, K., Miyajima, H., Tarumi, W., Doi, H., Shinohara, K. Bio-information Inference Platform using Underwear-type Wearable Device. 7th IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE-Berlin 2017) (04/09/2017, Berlin, Germany)(一般講演)

6. Doi, H., Basadonne, I., Venuti, P., Shinohara, K. Men with high salivary testosterone level show decreased preference for sophisticated music. The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music (26/08/2017, Kyoto, Japan) (ポスター発表)


5. Senese, V.P., Esposito, G., Shinohara, K., Doi, H., Venuti, P., Bornstein,  M.H., Variations in 5-HTTLPR influence implicit association to infant cry. 13th International Infant Cry Workshop (06/07/2017, Rovereto, Italy)(一般講演)

4. Doi, H., Sulpizio, S., Esposito, G., Kikuno, Y., Bornstein, M.H., Shinohara, K.  Ultrasonic communication in human mother-infant pair.13th International Infant Cry Workshop (06/07/2017, Rovereto, Italy) (一般講演) 


3. Yonezawa, T., Yamamoto, S., Doi, H., Shinohara, K., Tsumura, N. Biological Responsiveness in Observing Sexual Attractiveness of Woman.  IEEE 3rd International Conference on Multimedia Big Data, BigMM (20/04/2017, Laguana Beach, USA)(一般講演)

2. Doi, H.  Biological Principles of Human Attractiveness Perception. IEEE International Conference on Multimedia Big Data (BigMM 2017), Work Shop-IEEE ACM  (20/04/2017, Laguana Beach, USA)(招待講演)

1. Sulpizio, S., Doi, H., Gianluca, E., Shinohara, K. Feeling the cry: Ultrasonic effects of infant cry on lactating mothers. THE DEVELOPMENT OF BONDING: INTEGRATING GENES, BEHAVIOR, AND ENVIRONMENT (05/06/2016, Rovereto, Italy)(一般講演)

○ 国内会議(主なもののみ)


6. 土居裕和 ヒト社会的情報認知メカニズムとその個人差の生物学的基盤 第82回日本心理学会 国際賞講演 (2018年9月27日、仙台)(受賞講演)

5. 土居裕和 行動科学における情動・感情ビッグデータの重要性 滋賀大学データサイエンスセミナ― (2017年10月20日、滋賀)(公開セミナー)


4. 土居裕和 非接触感情・情動データ計測は社会性研究に 何をもたらすか? (感情・情動イメージングの革新と応用) Optics & Photonics in Japan (日本光学会年次学術講演会) (2017年11月1日、東京)(招待講演)

3. 山崎俊彦, 土居裕和, 井出一郎, 津村徳道, 新田直子 魅力工学研究の紹介~設立シンポジウムの報告 電子情報通信学会 メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会(MVE)(2017年9月21、千葉)(パネルディスカッション)


2. 土居裕和 魅力認知とその個人差の脳生理学 魅力工学研究会発足記念シンポジウム (2017年9月20日、千葉)(シンポジウム講演)

1. 土居裕和, 津村徳道, 篠原一之 肌質感に基づく魅力認知の神経基盤 第22回日本顔学会大会 フォーラム顔学2017 (2017年9月9日、兵庫)(一般講演)

紀要・研究報告書など(2018年以前)

Created with Sketch.

11. 松本 高明, 内藤 祐子, 和田 壮生, 高橋 雄介, 和田 匡史, 地神 裕史, 阿部 太輔, 篠原 一之, 土居 裕和, 井上 大輔 (2017). 男性競泳選手の試合に伴う唾液中ストレスホルモンの変動士舘大学体育研究所報, 35: 97 - 99. (紀要論文)

 

10. 久永聡子, 土居裕和, 黒田佳織, 池田聡子 (2016). マザリーズによる乳幼児の言語発達促進効果に関する縦断的研究 発達研究, 30: 117 - 122.  

(研究報告書) 

 

9. 松本高明, 内藤祐子, 和田壮生, 市川大樹, 高橋雄介, 和田匡史, 阿部太輔, 浅井泰詞, 篠原一之, 土居裕和 (2016). 漸増強度負荷による競泳選手の唾液中ホルモンの変動 国士舘大学体育研究所報, 33: 23 - 26.  (紀要論文) 

   

8. 久永聡子, 土居裕和, 黒田佳織, 池田聡子 (2015) マザリーズによる乳幼児の言語発達促進効果に関する縦断的研究 (中間報告) 発達研究, 29: 195 - 198. 

(研究報告書) 


7. 松本 高明, 内藤 祐子, 和田 壮生, 市川 大樹, 高橋 雄介, 和田 匡史, 阿部 太輔, 浅井 泰詞, 篠原 一之, 土居 裕和, 井上 大輔 (2015) 男性競泳選手の最大下運動負荷に伴う唾液中ストレスホルモンの変動 国士館大学体育研究所報, 34: 7 - 13.  (紀要論文) 


6. 土居裕和 (2014) スポーツ選手の心理的能力を規定する生物学的因子の検討 デサントスポーツ科学, 35: 101 - 106.(研究報告書)

5. 土居裕和 (2014) 遺伝子多型が母子間視線コミュニケーションに与える影響の解明 発達研究, 28: 107 - 116.(研究報告書)
 

4. 土居裕和 (2013) 遺伝子多型が母子間視線コミュニケーションに与える影響の解明(中間報告) 発達研究, 27: 185 - 187. (研究報告書)

3. 土居裕和 (2012) 化粧が持つ自尊心高揚効果に関する発達脳科学的研究 コスメトロジー研究報告, 20: 159 - 162. (研究報告書)


2. 土居裕和 (2011) 有酸素運動がもつ小学生の「認知能力向上効果」の脳科学的検証 デサントスポーツ科学, 32: 110 - 117. (研究報告書)

1. 土居裕和, 高村恒人 (2011) 運動は小学生の認知能力・脳活動向上に役立つか?-脳測定と日中活動量測定による検討-  健康医科学研究助成論文集, 26: 78 - 88. (研究報告書)

競争的資金

Created with Sketch.

○ 科学研究費補助金(代表)

8. 新体操審判における身体運動認知の熟達化過程とその脳科学的基盤の解明 文部科学省 科学研究費補助金 (基盤C)

7. “情動が時間知覚に与える影響”の発達過程とその個人差に関する神経生物学的研究 文部科学省 新学術領域研究(研究領域提案型) 時間生成学

6. 神経生物学的アプローチによる「自己顔認知能力」発達過程の包括的解明 文部科学省 科学研究費補助金 基盤(C)

5. ASD社会性機能障害発症機序における「環境x遺伝子相互作用」の解明 科学技術振興機構 科学研究費補助金(基盤C) 


4. 肌質感処理に基づく異性魅力評価メカニズムの解明 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究

3. 自閉症スペクトラム障害の≪機能的連関≫障害仮説に関する発達脳科学的研究 文部科学省 科学研究費補助金 若手(B)

2. 前駆期統合失調症における表情認知・表出能力障害の疾患特異性に関する研究 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究

1. アスペルガー症候群における《無意識下知覚》能力の神経科学的解明 文部科学省 科学研究費補助金 若手(B)

 

○ 財団等研究助成金(代表)

11. 身体運動特徴に基づく「幼児のASD様行動傾向」客観的評価系の開発 社会福祉マネージメント学会 福祉研究費助成事業・研究活動支援

10. ターゲット捕捉の成功率を高める視覚情報処理ストラテジーの解明 公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 第14期生(2020年度) スポーツチャレンジ研究助成

9. オキシトシンと恐怖症重症度との関連性についての行動遺伝学的研究 公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 第31回基礎医学医療研究助成金

8. 音楽の「好み」の個人差に関する行動遺伝学的研究 花王 芸術・科学財団 音楽の研究 平成28年度助成

7. ヒト生殖シグナル検知を司る神経学的機序の時空間動態解析 公益財団法人 稲盛財団 稲盛財団研究助成

6. スポーツ選手の心理的能力を規定する生物学的因子の解明 石本記念デサントスポーツ科学振興財団 学術研究助成

5. ヒト社会性(人間関係)に及ぼす ローヤルゼリーの効果 山田養蜂場 みつばち研究助成基金

4. 遺伝子多型が母子間視線コミュニケーションに与える影響の解明 公益財団法人 発達科学教育センター 平成24年度 発達科学研究教育奨励賞

3. 化粧がもつ自尊心昂揚効果に関する発達脳科学的研究 コスメトロジー研究振興財団 助成金

2. 有酸素運動がもつ小学生の「認知能力向上効果」の脳科学的検証 石本記念デサントスポーツ科学振興財団 学術研究助成金

1. 運動は小学生の認知能力・脳活動向上に役立つか?-脳計測と日中運動量測定による検証 明治安田厚生事業団 第27回健康医科学助成 


○ 科学研究費補助金(分担)

8. 非接触型バイタルセンシング技術による自閉スペクトラム症児スクリーニング技術の開発 文部科学省 科学研究費補助金 (基盤C) (代表:金井智恵子)


7. カメラによる非接触バイタル・情動センシングとその医工学応用 文部科学省 科学研究費補助金(基盤C) (代表:津村徳道)

6. 無意識に処理される視覚情報によって生じる生体反応の生理学的解析とスポーツへの応用 文部科学省 科学研究費補助金(基盤C) (代表:地神裕史)

5. 情動と資産価格の短期変動:セロトニントランスポーター遺伝子の分布特性に着目して 文部科学省 科学研究費補助金(基盤B) (代表:須齋 正幸)

4. 生体・表現情報に基づく青年期発達指数の定量化及び区分化 文部科学省 科学研究費補助金(基盤C) (代表:山本昇志)

3. 国際級スポーツ選手の心理的能力を規定する生物学的基盤の解明 文部科学省 科学研究費補助金 基盤(C) (代表:松本高明)

2. アスリートの認知心理学的能力とその生物学的基盤の解明 文部科学省 科学研究費補助金 基盤(C) (代表:松本高明)

1. ヒト父性行動、母性行動の神経・内分泌学的基盤の解明 文部科学省 科学研究費補助金基盤(C) (代表:篠原一之)

○ 財団等研究助成金(分担)

1. 非接触情動計測による個性創発イメージングとそのASD医療支援システムへの応用 公益財団法人 ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究助成 (代表:津村徳道)

○ 学内助成金 (代表)

4. 医師-患者間「感性コミュニケーション」支援による歯科恐怖軽減法の開発 長崎大学 平成25年度 医歯薬学総合研究科 融合型研究促進事業

3. fMRI計測による自閉症スペクトラム障害の機能的連関障害仮説の検討 長崎大学 平成24年度 大学高度化推進経費(公募プロジェクト経費)

2. 自閉症スペクトラム症候群早期診断に有効な脳科学マーカーの確立 長崎医学同窓会 研究助成金

1. 地域の小・中学校と連携した「脳科学」出張講義プログラム 長崎大学 大学高度化推進経費